満天星または灯台躑躅(ドウダンツツジ)
ちいさな提灯のような花を付け満天星が咲き始めた
今年は暖かい日が多いのですぐに葉が出始め白から緑に
変わるのが早い。
秋には真っ赤に紅葉し年中楽しませてくれる優れものの木だ。
d0226259_21291931.jpg
d0226259_21295444.jpg

d0226259_21302084.jpg

花言葉 節制 返礼 愛の喜び 私の思いを受けて

花蘇芳ハナズオウ 
これもまたわが庭を彩ってくれるとても華やかな感じの花だ。
花の終わりころには若葉が出始め庭も初夏の装いになり始める。
d0226259_2137479.jpg
d0226259_21372569.jpg
d0226259_2138188.jpg

花言葉 高貴 自覚 豊かな生活
[PR]
春蘭別名天狗花
この花もわが家の庭の定番の花で相当昔に移植したもので
自生地では藪の中に小さな株で有るものなのだが我が庭が
居心地が良いのかとても増えてくれた。
愛好家の間では鉢に上げて楽しむこともあるようだが
自然の中に有るのが好きだ。
3月29日撮影
d0226259_8424653.jpg

d0226259_8443133.jpg
d0226259_8445160.jpg

花言葉 飾らない心 気品 控えめな美
おまけの一枚
鈴蘭水仙
4月2日日撮影
d0226259_8512747.jpg

[PR]
いま九州では大変なことになっています。
朝からTVの前に釘付けになっています。
亡くなられた方の冥福を祈るとともに被災された方には
心よりお見舞い申し上げます。

自分は2月に病気が見つかり三月に手術を受けました。
手術前に墓参をしていたのですが手術が終わったことを
報告の為先日もう一度行ってきました。
自分の生家跡にはいろいろな花が出迎えてくれ気が和み
これからの治療に向けての元気をもらってきました。
道端には木苺が
d0226259_10345082.jpg
d0226259_10351471.jpg

山吹が
d0226259_10363796.jpg

d0226259_10373438.jpg

木通も
d0226259_10381135.jpg
d0226259_10383540.jpg

レンギョウの黄色も
d0226259_10394592.jpg

d0226259_10401571.jpg

他にもいろいろありますいつでも故郷は花で出迎えてくれるとても良い所です。
道端にはゼンマイやワラビなども見かけることが出来るのですが今年は
体力に自信が持てないので山菜取りなどに行けないことがとても残念ですが
断念しました。
[PR]
碇草イカリソウ
今年も咲いてくれた碇草昨年は手入れが悪くあまりよく咲いてくれなかったが
今年は見事に復活して白い花を見せてくれた居る。
花の形が碇に似ているのでこの名がついたようだ。
d0226259_2047863.jpg
d0226259_20473439.jpg
d0226259_20475145.jpg

同じ花が咲くものなのに葉の色が違うのはどうしてかと不思議に思う
d0226259_2049115.jpg
d0226259_20501269.jpg

花言葉 旅立ち 貴方を捉える
[PR]
ジューンベリー
ジューンベリーの花が咲いた白い柔らかな花が咲いている。
このところに暖かさですぐに散ってしまうのが気になるが
すぐに葉が出てこの緑も楽しむことが出来る。
6月には紅いサクランボのような実が出来ることから
ジューン(6月の)べりーと言うようだ、
d0226259_21291321.jpg

d0226259_21295555.jpg
d0226259_21303667.jpg

花言葉 穏やかな表情

おまけの一枚
日光浴を楽しんでいるような
d0226259_2133281.jpg

[PR]
スミレ
一口にスミレと言ってもとても種類が多いもののようで
細かなことは分からないのだがいつからかわが庭に
自生するようになっている。
d0226259_13271542.jpg
d0226259_13273917.jpg
d0226259_13275889.jpg

d0226259_13291745.jpg

花言葉 小さな愛 小さな幸せ 誠実

猩々袴ショウジョウバカマ 別名簪花
この花もわが庭のもので十二月には蕾を付け三月中旬には花が開きそれから
茎を伸ばし始める物なのだが花の咲きかけの頃は都合で撮れなかったので
もう茎も伸びたものを撮ってみた。
三月29日撮影
d0226259_13381025.jpg

d0226259_13384086.jpg
d0226259_13385886.jpg

花言葉 希望
[PR]
カタクリ別名堅香子
今年も庭のカタカゴが花を見せてくれた。
春に芽をだし花が咲きいつのまにか消えて見えなくなるので
春の妖精という呼ばれ方もあるようだ。
今朝の庭の様子から
d0226259_2018539.jpg

d0226259_20193129.jpg

d0226259_20205957.jpg

午後から用事で出かけて先にも
d0226259_2020134.jpg

この群生を見ていたら春のお祭りの獅子舞などを思い出してしまった。
d0226259_2021218.jpg

花言葉 初恋 嫉妬 寂しさに耐える
[PR]
延齢草エンレイソウ
このところ暖かい日が続くの次から次へと花が咲く
今日も庭に出てみたら咲いていた。
この花は不思議な花で葉は三枚花びらも三枚めしべも先端が
三つに割れている。
花にもいろいろな生態が有るようだ。
d0226259_19335849.jpg
d0226259_1935135.jpg
d0226259_19354928.jpg

花言葉 叡智 熱心 奥ゆかしい美しさ
[PR]
菊咲一華
わが庭の梅の木の下に今年も咲いてくれた一輪草
これは自分の生家跡から移植したものだが此処の居心地が良いのか
しっかりと根付いて毎年この季節に楽しませてくれる。
一茎に一花しか咲ないので一輪草とも言う。
この花は蕾を付けて地中から出てくるのが面白い.
芽出しの様子。
二月二〇日撮影
d0226259_21122014.jpg

そして今日
d0226259_21151593.jpg
d0226259_21143071.jpg
d0226259_2116355.jpg

ちいさな花にも蜜を求めて
d0226259_21165019.jpg

花言葉 静かな瞳
[PR]

薇 ゼンマイ
2月の検査で大腸に癌が見つかりステージⅳと言うことで腹腔鏡下手術の為入院
医師より余命宣告も受けました。
此れから抗がん剤の投与も始まり体力も気力も行動範囲も少なくなりそうですが
ブログは自分を鼓舞するためにも続けて行こうと思っています。

一か月休んでいる間に庭の花も変わっていますクロッカスや梅などが
終わり小さな花たちが春を告げているようです。
退院した日玄関わきの塀の下にゼンマイが春を確かめようと
綿帽子を被って外をうかがっているようなのが目に入りました。
d0226259_9182759.jpg

d0226259_9184317.jpg
d0226259_919663.jpg

花言葉 円熟した優美 子孫の守護
[PR]
日の経つのも早いものですね。
二月も今日で終わりです。
都合で暫くお休みをさせていただきます。
[PR]
梅の花
今日は時々雪が舞う寒い日なのだが今朝ラジオ体操をしょうと玄関を出たら
白い梅の花が花が咲いていた。
わが国では 松 竹  と並んで縁起の良いものとされている。
また「好文木」として各地の天満宮や水戸の弘道館など梅の名所に事欠かない。
好文木とは
晋の武帝が学問をすると開き 学問を怠ると開かなかった という言い伝えから
付いた名前だという。(大辞林)より
d0226259_1652544.jpg

d0226259_15595118.jpg
d0226259_1601293.jpg
d0226259_1602778.jpg

花は少ないので全体像は有りません。
  花言葉 高潔 忠義 潔白
[PR]

椿

椿
椿の字を分解してみると春の木と書くが実際は冬から春に咲く花で
自生種から園芸種まで実に様々だ。
わが家でもこの季節に咲いてくれるのだが寒さの為花が痛むのでなかなか
きれいに咲くのにお目に掛れないのだが今は凍らないので花を見ることが出来た。
d0226259_21222132.jpg

d0226259_2175653.jpg
d0226259_218355.jpg
d0226259_21914100.jpg
d0226259_21112274.jpg

花言葉は色によって異なるので赤のみを
  高潔な理性 気取らない魅力 慎み深い 
  
[PR]
今日の立山連峰
このところ毎日の天気の移り変わりがとても激しい
十四日には春一番が吹き次の日からの寒波そして今日は
三月中旬の気候だとか。
とにかく暖かいのは嬉しいこんな日は外が一番と出かけてみる。
今日は晴れているので立山連峰を撮ってみようと富山空港へ
この空港は神通川河川敷に作られたチョッと珍しい空港だ。
まず川の向こうに空港ビルその向こうに白銀の山々。
d0226259_18132093.jpg

今度は空港の展望デッキから
d0226259_18142476.jpg
d0226259_18145888.jpg
d0226259_18152824.jpg

今日はお天気も良く小さな子供連れの家族も数組見られた。
この景色を飛行機の窓から見たら最高と思う。
[PR]
このところとても暖かく14日には春一番が吹いたが
一転15日には冬に逆戻り折角開いたマンサクも
雪を被って寒そうだ。
三寒四温を繰り返しながら春が来るのだろう。

自分は健康には自身を持っていたのだが最近なんとなく不調なので
検査を受けることにした。
まず頭と顔の悪いことは生まれつきなので誰が見ても判ることだ。
先に採血していた検査結果も良好とのこと
大腸の内視鏡検査初体験でドキドキ事前の血圧も緊張の為か
とても高くて看護師さんも吃驚の様子。
結果医師から大腸に小さな傷が有るようだが気にするようなものではないとの言葉
でも一応生検に回すので一週間後にはっきりりするとのこと。
入院検査のつもりだったのに医師の「もう帰って良いですよ」の言葉におおお~でした。
加齢もあるし冬は運動不足もあるのかなと自分で勝手に納得した。

雪を被ったマンサク
d0226259_12222174.jpg

d0226259_12224433.jpg
d0226259_12231984.jpg
d0226259_12234050.jpg


本当の春が待ち遠しいものだ
[PR]
霜柱
快晴の朝には放射冷却で霜柱が立ちます。
霜柱は気温がマイナスになったときに地中の水分が
毛細管現象で氷が成長してできるもので
霜は空中の水分が結晶してできる物なので両者は
区別されているようだ。
朝日が当たると水晶の結晶が並んでいるようでとても
綺麗だ。
d0226259_8472986.jpg
d0226259_848157.jpg
d0226259_8483723.jpg
d0226259_8485240.jpg
d0226259_849433.jpg

[PR]
赤花金縷梅 アカハナマンサク

今年は一月上旬は暖かったのだが下旬に寒かったのでので昨年よりチョッと
開花がおそくなったのですがわが家の庭に春を知らせてくれました。
金蝋梅と書いてマンサクと読むようですが漢字の読みは難しいですね。
d0226259_20402928.jpg
d0226259_2041942.jpg
d0226259_2042991.jpg

まだ咲き始めなので花弁も短いので少しさみしいが満開になるととても豪華に見え
目を楽しませてくれる
 花言葉  魔力 呪文 感じやすい
[PR]
金の成る木別名花月
わが家には金の成る木が有るのですが管理が良くないのか
なかなか咲いてくれません。
今年も咲かないと思っていたらとても不思議な咲き方をしています。
寒くなる前に家に入れるときに小さな枝が折れたものをそのまま鉢の
根元に置いた物だけに咲きました。
なんとも不思議なことです。
全体には花は有りません
d0226259_112146.jpg

こんな花が咲いています
d0226259_1142199.jpg
d0226259_1152540.jpg
d0226259_1174545.jpg

花言葉 富 不老長寿 幸せを招く
[PR]
ユリノキ別名半纏木
今頃の季節に近所の公園に行けは青空に向けて
ユリノキの種がはじけて開いたものがたくさんの花が
咲いているように見える。
d0226259_915456.jpg
d0226259_9162469.jpg
d0226259_9171164.jpg

花言葉 田園の幸福 幸福
[PR]
たこ焼きやまちゃん
先日大阪に行きいつもなら時間の余裕もなくすぐに帰るとこだが
いつになく時間が取れたので
あべの界隈を見学大阪は粉物が美味しい街のようなので
予備知識としてハルカスの裏通りにある
やまちゃんのたこ焼きが超人気店のようなので行ってみた。
此処が本店お持ち帰り専門のようだ。
d0226259_20205569.jpg

d0226259_2053372.jpg

元気な店員さん
d0226259_2072763.jpg

お店で食べるのは二号店で
d0226259_2092857.jpg

トッピングもいろいろ
d0226259_20104623.jpg
d0226259_2011427.jpg

土曜日 日曜日 限定三十食の明石焼
d0226259_20135139.jpg

これは大きなタコが入り汁を付けて食べるのだがこれが抜群に旨い
気取らずに老若男女が楽しめる大阪は良い所だ。
[PR]
週末から記録的な寒さが来るとの予報でしたが
昨日から大阪に行ってきました。
予報通り今朝は西日本各地では記録的な寒さと雪で大変なようでしたが
大阪は晴れの気持ちの良いお天気でした。
道端にアロエの花が
こんな多肉のものは自分のところでは冬場には戸外ではまず無理ですね。
d0226259_20304541.jpg

この景色を観ながら帰路に
大津サービスエリアで見た琵琶湖の景色
此処まではとても気持ちのよい晴天でした
d0226259_20354144.jpg

北陸道に入り福井県に入ると今庄辺りは吹雪で吃驚です。
此の頃の道路情報では富山インター以北は閉鎖中とのことでしたが
石川県に入ると風は強く吹いていましたが雪は無く普通に走行
いよいよ富山県に入ると吹雪で道路はアイスバーンの状態でした
d0226259_20455238.jpg

無事に富山インタに到着
このすぐ後に砺波インターから閉鎖とのことで良い時間に返ることができました。
家へ帰って吃驚蝦車庫の前は雪がいっぱい軒先には氷柱が下がっています。
d0226259_20573570.jpg

家を空けていたので室温もとても下がっています。
まずエアコンのスイッチONです
d0226259_20564944.jpg

明朝までまだまだ積もると 予報が出ています。
雪に慣れているつもりでも大雪は嬉しくないですね。
[PR]
プラタナスの種 別名鈴懸
わが家から出て幹線道路へ出るとプラタナスの並木が有ります。
この木は夏は葉がよく茂り冬には落葉して辺りが明るくなるので
街路樹として利用されているようです。
今は全く葉もなく刈り込まれているので 何もありませんが
この木の下で見つけました。
d0226259_19591372.jpg
d0226259_19593374.jpg
d0226259_19594921.jpg

驚きました色と言い形と言いアメリカ楓の種ととても似ていて見分けがつきません。
上を見上げて木を見るしかありませんでした。
植物の世界は不思議ですね。
[PR]

一月も中旬になり一年で一番寒い季節のはずなのに
まだ積雪ゼロで雪国育ちには気の抜けたような感覚だ。
今朝外に出てみると山椒の実のはじけたところに
雫が一つ。
その中に別世界が有るように感じられた。
d0226259_21223614.jpg

明日からのお天気マークは雪が並んでいるのだが
どうなることやら。
[PR]

まさき
これも散歩中に見かけたものだ
この季節低いものは目につかないものだが近所の垣根に
緑の葉とはじけた実の赤い色のコントラストがとても綺麗だったので撮ってみた。
このような実が付くにはどんな花がと思う花の季節にもここは寄って見たいところだ。

d0226259_10523136.jpg

d0226259_10525071.jpg
d0226259_1053224.jpg

花言葉 厚遇
[PR]
蝋梅 別名唐梅
自分の散歩道にとても良い香がして蝋梅の黄色い花が見えた
この花は江戸時代初期に中国より伝わったので中国の呼び名をそのまま使っているようだ。
別名の唐梅と言う名は渡来地からの物で南京梅と言う呼び方もあるようだ。
名前のとおり蝋細工のような花だ
d0226259_2025014.jpg

d0226259_202529100.jpg

d0226259_20263124.jpg

d0226259_2026271.jpg

花言葉 先導 先見 慈愛 優しい心
[PR]
竜の髭
年が明けてまだ温かい日が続いている嬉しいような
ちょっと気になるような。
何時もは雪解けに見る竜の髭のコバルトブルーが目につく。
暑いころに花が咲き今実が熟しとてもきれいだ。
d0226259_20463980.jpg
d0226259_20475100.jpg

d0226259_20555593.jpg

花言葉 不変の心 変わらぬ想い
[PR]
元旦
皆さまには健やかによい年をお迎えのことと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

今朝は初日の出は拝めませんでしたが今は穏やかな晴天で
外に出てみると庭の梅の蕾が膨らんでお正月を演出してくれているようです。
d0226259_11221221.jpg

梅の花言葉 高潔 忠義 潔白

また足元には万両の実が紅くこれもまた目を楽しませてくれています。
d0226259_1126947.jpg
d0226259_1126219.jpg

花言葉 寿ぎ 隠徳 徳のある人
[PR]
なないろ小町
今年も押し詰まってきました今朝はうっすらと雪化粧で
何をするわけでもないのに気持ちも少し慌ただしい感じです。
なないろ小町は撫子の園芸種で草丈も短く花も小さいく
四季咲と有りますが我が家では此の時期に咲いたのは初めてのことです。
22日撮影
d0226259_8324911.jpg
d0226259_8333639.jpg
d0226259_8345197.jpg

29日撮影
今朝は少し雪を載せて
d0226259_8435129.jpg

花の数が少ない分健気さが感じられる。

花言葉 純情 可憐 大胆
[PR]
暖冬?
今日はクリスマス本来ならこのあたりもホワイトクリスマスでも
不思議ではないのだがとても暖かくスキー場なども
雪が無くて困っているようだ。
新聞を見ていると梅が咲いた水仙が咲いたと春が来たような
記事が目に入る。
さて自分も何かないかなと野の花を探せばあったあった
このあたりでは2月下旬に見る
オオイヌノフグリ12月22日撮影
d0226259_2129592.jpg
d0226259_2131752.jpg

これも三月中旬からの花だが
ツルニチニチソウ
d0226259_21321198.jpg
d0226259_21322752.jpg

お尋ねしたお家の庭石にはきれいな苔が
花まで付けて
d0226259_2139310.jpg

d0226259_21392445.jpg

今頃見せてくれるのは早咲なのか返り咲きなのか考えさせられる。
[PR]
わが家の柚子は今年は平年作のようです
姫柚子と言ってとても小さくて香りも少なめなので料理向きではないのですが
ジャムには最適のようです。
d0226259_93454.jpg

大きいのが本柚子小さいのが姫柚子
d0226259_941933.jpg

d0226259_962671.jpg

これから柚子ジャムを作ります
まず半分にカット
d0226259_975278.jpg

皮と実を分けて
d0226259_984593.jpg

皮は細かく実は果汁を絞り
d0226259_910216.jpg

皮の部分は湯がきそれから果汁と砂糖を合わせ焦げないように木箆で回しながら
三時間 あめ色になるまで煮込み
d0226259_9164379.jpg

瓶に詰めて出来上がり。
d0226259_9363129.jpg

わが家ではこれをトーストやヨーグルトにいただきます。
[PR]