<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

蝦蛄葉仙人掌シャコバサボテン
今年もシャコバサボテンがよく咲いてくれた。
この花はブラジル原産なのに「デンマークカクタス」と呼ばれたり
クリスマスころに開花するので「クリスマスカクタス」と呼ばれたり
様様な名があるが花の少なくなってくる頃に華やかに
咲いてくれるのが嬉しい。
d0226259_9183962.jpg

d0226259_9193434.jpg

d0226259_92013.jpg

花言葉 ひと時の美 美しい眺め

おまけの一枚
千両が初めて一粒実を付けてくれた。
十両 百両 万両は 葉の下に実が付くがこれは上に付く。
d0226259_923244.jpg

[PR]
羚羊カモシカ
23日墓参りの後里山をドライブ今日は羚羊がお出迎えです。
手の届くような距離で撮ることが出来ました。
静かにこちらをうかがっているようです。
d0226259_22221313.jpg

敵意が無いとわかったら
d0226259_22224354.jpg

悠々と草を食べ
d0226259_22231322.jpg

消えて行きました
d0226259_22233999.jpg

道端には猿獲り茨の実が赤々としていました。
d0226259_22273689.jpg
d0226259_22275816.jpg

[PR]
梅擬ウメモドキ
昨日は晴れてとても気持ちのよい一日だったので
冬が来る前に墓参にとゆく。
生家跡には梅擬に日が当たり真っ赤に染まっていました。
d0226259_20135535.jpg

d0226259_20143446.jpg

d0226259_20213885.jpg


季節外れの高砂百合も
d0226259_20125151.jpg

d0226259_20132339.jpg

冬が来る前の穏やかな一日でした。
[PR]
蔓梅擬き ツルウメモドキ

ちいさな鉢の蔓梅擬きが黄葉し実が色づいてきた。
黄色く色付いてはじけて紅くなるのが面白い。
昨年は一個しかつかなかったが今年は数個
着いてくれた
ほんとうはもっとつけば賑やかでよいのだが。
始めは黄色
d0226259_15491873.jpg
d0226259_15492822.jpg

皮がはじけると
d0226259_15512448.jpg
d0226259_15515173.jpg
d0226259_15522338.jpg

花言葉 大器晩成 開運
[PR]
姫蔓蕎麦 ヒメツルソバ
これは昨年訪問したお家の庭先に有ったものを
一株いただき鉢に入れてみた。
自分の手入れがよくないのか花の数が少なめだが
花期が長く金平糖を集めたような花がとても可愛い
d0226259_1474731.jpg
d0226259_148376.jpg
d0226259_148168.jpg

花言葉 気が利く 愛らしい 
思いがけない出会い


おまけの一枚
秋空にジェット雲
d0226259_1414484.jpg

[PR]
藪坩子(ヤブコウジ)別名十両
庭の葉影に紅い実が見えた縁起物の十両が色づいたのだ
d0226259_19575210.jpg

d0226259_19582421.jpg
d0226259_19585993.jpg

実の数が少ないのでよくよく見ればあら不思議
花も一緒に
d0226259_202148.jpg

この頃の気候のせいなのか夏に咲く花が実と一緒に観れる。

花言葉 明日の幸福

[PR]
満天星が紅葉
先週十日間ほど留守にしていたのだが出るときには色づき始めだったのに
紅葉も終わりに近くなって 秋の深まりを感じるこの頃です。
ぼつぼつと庭の冬の準備をと考えなくてはと思う。
d0226259_21353871.jpg
d0226259_2136586.jpg
d0226259_21363376.jpg
d0226259_21433652.jpg

花はここをクリックしてください。
花言葉 私の心を受けてください

おまけの一枚
d0226259_2152549.jpg

[PR]
椿山荘で個展
東京滞在7日目女房がブログを通じて知り合いになった「福島県水彩画会副会長」の肩書を持つ先生が椿山荘で個展を開催とのことで二人で出かける。
秋葉原で中央線に乗り換え
駅から見たヨドバシカメラ
d0226259_22141153.jpg

電車の中にこんな広告が
花嫁のれんは七尾線 べるもんたは氷見線 城端線の観光列車
d0226259_22165431.jpg

遠くで地元のコマーシャルを見ると少し嬉しいものだ。

飯田橋にてメトロに乗り換え一駅で江戸川橋そこから歩くこと約十分
都会の喧騒を忘れるような場所でした。
d0226259_22251970.jpg

会場へ足を入れたらとても優しい感じのの絵が飾ってあり
絵のことをわからない自分でも絵に引き込まれました。
d0226259_234211.jpg

絵とブログ同じ趣味でつながっているひろさんと女房は旧知の友の様に
語らってました。
[PR]
兵馬俑を見てきました。
d0226259_21455783.jpg

この看板に誘われてまた上野公園です。
東京国立博物館に行きました。
d0226259_21494743.jpg

この左奥に平成館がありそこで開催されています。
d0226259_21542828.jpg

受付ではカメラはしまってくださいと注意が有ります、
いよいよ入場
紀元前9~8世紀の祭祀に使用された器や装身具などから始まり始皇帝の帝都から
発掘されたものなどが陳列され奥へ進むにしたがって年代が若くなりいよいよ
秦の時代の物を見ることができます。
これは紀元前230年に造られた銅馬車
d0226259_2251763.jpg

兵馬俑
d0226259_229033.jpg

これらのものは自分では撮れないのでグッズを求めてそこから撮ってみました。
出口に漸く記念写真コーナーが有りここでカメラを使うことができますが
ノンフラッシュでカメラの向きも制限付きでした。
d0226259_22201481.jpg

d0226259_2221977.jpg

これは2016年2月21日までとありましたがもう見る機会もないだろうと
しっかりと脳に焼き付けてきました。
[PR]
東京へ行ってきました。
30日上野公園の中に有る東京都美術館に
正面にはピカピカの球体が
d0226259_22551381.jpg

d0226259_22232954.jpg

この展覧会に誘われて行ったのですがこんな催しもありました。
d0226259_22275662.jpg

モネと言えばなんとなく睡蓮としか思い出せないのですがこんな機会は二度とないと
想い鑑賞しました。
d0226259_22355472.jpg

地下一階から地上2階までをテーマ別に八つのフロアーに分け若いときから
晩年までの作品を網羅してありまたとても日本が好きで自分の家には日本庭園などもあり
それをモチーフにしたものも数多くあり晩年には白内障でよく見えないで描いたというものもあり
とても興味深く鑑賞しました。
自分のように美術に縁のないものでも本物に触れるのと心打たれるものですね。

また上野と言えば 西郷さんや
d0226259_2250747.jpg

不忍池などが有名ですが
d0226259_22512451.jpg

雑踏の中でも花や
d0226259_22523735.jpg

小鳥が足元まで
d0226259_22534677.jpg

こんな看板も見つけました
d0226259_22583469.jpg

これも是非見たいのですがまだ東京にいるので日を改めてみることにしました。
[PR]