<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昨日積もった雪も溶けて昨夜から晴れあがりとても寒い朝を迎えた。
雪のある時は見れないのだが今朝は霜柱を見ることができた。
まるでガラス細工のような決勝がキラキラと輝いていた。
d0226259_9413762.jpg

d0226259_942735.jpg
d0226259_942287.jpg
d0226259_9424667.jpg

自然の造形に魅入ってしまいました。
[PR]
竜の髭
今年の冬は年末から年始にどか雪で吃驚だったが
その後は暖かく本来ならわが庭は真っ白のはずだが
今は全く雪が無いので庭掃除と思い出てみると
コバルトブルーの実が見えた。
何時もなら雪解けの2月末に見るのに雪が無いことは
とても良いものだ。

d0226259_114966.jpg

d0226259_114521.jpg

まだ一月まだ雪の降る日は有ると思う。
気を引き締めて。・・・・・・
[PR]
今日は大寒一年で最も寒いころと言われるこの日に
大岩山日石寺では信者さんが滝に打たれて修行される。
自分は修行ではなく見物に出かける。
雪は例年より少なめかな
d0226259_114003.jpg

今日は穏やかな天気だが寺務所には
d0226259_11425425.jpg

もう大半の人たちが終わり男性二人が
d0226259_1145484.jpg

この後TV朝日さんの取材が始まった
d0226259_1148684.jpg

雪の上も裸足で
d0226259_11485880.jpg

いよいよ滝に
d0226259_1150636.jpg

終わって安堵して笑顔が
d0226259_1152582.jpg

修行で滝に打たれる人 仕事で滝に打たれる人 今日はその気迫を
全身に受けて自分も元気になったような日であった。
[PR]
地名とか人名はとてもわかりやすいものと逆にとても難解なものがある
先日出かけたときに見かけた道路案内の写真を見てください。
d0226259_922241.jpg

漢字表記では下田ですがローマ字表記でミサダと読みます

こんなバス停もありました
d0226259_926698.jpg

これは「やんど」と読むそうです
普通にはチョッと読めませんね 夫々には命名の由来が有ると思いますが
案外地元の人も忘れているのかもしれませんがとても不思議な感じがします。 
そこでチョッと探して見ました皆さんも一緒に読んでみてくださいわかった方は回答を願います。

1 山女  2 戸破 3 眼目 4 九折 
5 代田  6 俎倉 7 百々町 
8 稚日野町 9 娚杉町 10 鼡谷

さてこの中からいくつ読めるでしょうかね。
[PR]
蝋梅
今日は朝から晴れあがり眩しいくらいのお天気だ。
こんな日は外に出て充分日光浴をと思い立ち外へ出る
やはり外の空気はおいしいと思う。
そして道端に蝋梅が咲いているのに出会う
名前のようにまるで蝋細工のようだ
d0226259_19524229.jpg

d0226259_1953148.jpg

d0226259_19534119.jpg

d0226259_8252112.jpg

蜜を求めて小さな虫も
d0226259_1954135.jpg

路地に咲く花は本当に季節を教えてくれるのが嬉しい。

 花言葉 先導 先見 慈愛
[PR]
雪と桜
元旦からの大雪も少し溶け足元も良くなってきたので何時もの公園に行ってみた
まだまだ一面雪の原だ
芝生広場も
d0226259_853109.jpg

池には一面氷が張り
d0226259_92767.jpg

小動物の足跡も
d0226259_856111.jpg

今年の雪は重かったのか木の幹も裂けて
d0226259_8573114.jpg

そんな中でも桜がさいていた。
d0226259_8583915.jpg

d0226259_901951.jpg

この桜十月桜として紹介していますが秋から春まで通しで咲いているようだ。
[PR]
万両 別名 藪橘
外は雪 お正月に彩りを添えてくれる
 花言葉 慶祝 とか寿ぎとかとても縁起が良いとされ
この季節には本当に嬉しい一鉢だ。
d0226259_9254376.jpg

d0226259_9255872.jpg
d0226259_9261825.jpg


花の様子はここをクリックしてくださ。
[PR]
今年は元日から雪が積もり自分は賀状もなく初詣でにも行かず
チョッとさみしい感じと思っていたが2日には孫たちが来てくれ
おおいに賑わい孫たちにお年玉をはずみ孫たちも喜んで帰った。
孫たちが帰ってから温泉に出かける。
途中で車のメーターが三万キロを表示外気は0度
d0226259_1814777.jpg

山の中のホテルに着き窓からの景色
一幅の墨絵の様でした
d0226259_1891464.jpg

夜食はお正月祝い膳と言うことで全16品 朝食はお節重箱でたっぷりお正月気分に
浸ってきました。
レストランにカメラを持ってゆかなかったので写真は有りません。
 残念
一夜明けて軒には大きな氷柱
d0226259_18185167.jpg

車は雪に埋もれて
d0226259_18213063.jpg

バスの雪を下ろすのにショベルローダで屋根へ
d0226259_18224716.jpg

家に帰っても雪で車は車庫に入ることも出来ず美味しいものを沢山食べたものを
腹ごなしするための運動しなさいということかなと感じています。

と言うことで皆さまには新年のご挨拶も申し上げず失礼いたしました。
本年も拙い爺ののブログよろしくお付き合いお願いいたします。
[PR]