<   2013年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

姫榊(ひさかき)
庭のヒサカキの花が咲いた小さな小さな花。
秋には黒い実で楽しませてくれる。
名前に榊とあるように神事には本榊の無いところでは
代わりにこれを使っている。
榊ではないので非榊という説もあるが
姫榊のほうがきれいな名だと思う。

 小さな花
d0226259_11285064.jpg


d0226259_11293660.jpg

 全体
d0226259_11311394.jpg

  花言葉   神を尊ぶ
[PR]
猩々袴 (しょうじょうばかま)別名狐の簪というところもあるらしい。
庭の猩々袴がの花が咲きはじめ茎もだんだん伸びてきた。

なまえの通り簪のようだ
d0226259_20312866.jpg

茎も少し伸びてきた
d0226259_20321929.jpg

  花言葉   希望
[PR]
竜の髭
我が家の庭の竜の髭は昨年花が咲いたのに全然実がない
先日生家跡の春の手入れに行って見つけた

 コバルトブルーの輝き
d0226259_1957418.jpg

d0226259_20010100.jpg

 花言葉  変わらぬ想い
[PR]
オオイヌノフグリ 別名星の瞳
本名と別名の落差に驚いた

道端に今にも踏まれそうに咲いている薄紫の小さな花

一つ一つ主張して
d0226259_13342147.jpg

まとまって大きな力に
d0226259_13382341.jpg

花言葉  信頼 清らか 忠実 神聖
[PR]
沈丁花 が咲いた
今年は春が早い昨年より二週間一昨年より一週間早い開花だ
玄関先に良い香りを届けてくれる。
この花は雌雄別株で雌株が少ないので増やすには挿し木が良いといわれる。
雌株には赤い実がなるが毒性の強いものだとか。

花の塊
d0226259_8425556.jpg

 全体
d0226259_8435517.jpg

 花言葉 栄光 永遠 不滅 歓喜 
[PR]
三椏 (みつまた)
お天気も良くドライブの途中見かけた花
この木が高級紙幣の原料に使われているとか。
これは沈丁花の仲間だが今は葉がない
まず周りから咲き始め
d0226259_20474680.jpg

満開
d0226259_20483552.jpg

 花言葉 強靭 意外な思い 壮健 肉親の絆
[PR]
ヒマラヤのユキノシタ
名前の通りヒマラヤ地方が原産なので厳寒にも耐えもう満開になった
栽培はわりに簡単なのでグランドカバーにも良いかな
寒さの後なので葉はまだきれいではありませんが
花が終わるころから新芽が出て葉もきれいになります。

小さな花から
d0226259_218554.jpg

花が重なり合って
d0226259_2195161.jpg

 花言葉       秘めた感情   忍耐
[PR]
土佐水木
これも春を告げてくれる花で名前に土佐とつくように
高知県原産で花の形は少し違うが万作の仲間とのこと。
とても優しく
d0226259_21344065.jpg

木立は高くない
d0226259_21353336.jpg

 花言葉  伝言   優雅
[PR]
山茱萸(サンシュウ)別名春黄金花
今とても目立つ黄色い花 宮崎県民謡ひえつき節に
庭のサンシュウの~木~~ とあるがこの樹ではないという説もある。

 全体
d0226259_20365429.jpg

 青空に映えて
d0226259_20373733.jpg

 一枝
d0226259_20383630.jpg


d0226259_20393883.jpg

 花言葉  持続 忍耐  耐久
[PR]
梅の花
今朝外に出てみると数輪の梅の花が開いていた。
この花は一月下旬南から咲き始め5月上旬まで各地で見れるポピュラーな花で
早いところではもう散ってしまっているだろうが我が家では漸くというところだ。
菅原道真公が愛した花として天満宮の紋所にもなっている。

東風吹かば 匂い起こせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな
                   菅原道真公の和歌としてあまりにも有名である
d0226259_150788.jpg


d0226259_1503471.jpg


d0226259_151514.jpg


 花言葉 高潔 忍耐 上品   白い花は 気品
[PR]