<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


      オキザリスの語源
  ギリシャ語でオクシス(スッパイ)からきている  
       和名 芋かたばみ
d0226259_20172125.jpg

[PR]

   麦仙翁 又は 翁なでしこ
 ヨーロッパでは麦畑の雑草として
     多くあるらしい
d0226259_9273357.jpg

[PR]
  黄花菖蒲とよぶがこれはあやめであり 
 端午の節句にしょうぶ湯に使うものではない
ちなみにしょうぶとは里芋の親戚のようなもので
     花もうんと地味なものだ

d0226259_10172865.jpg

[PR]

      ハコネウツギ 
 咲きだしは白い花だが次第にピンク色になる
  この花も卯の花と間違えられることが
      多いが 別物である

d0226259_2061583.jpg

[PR]

  ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)
  アイリスの意味 ギリシャ語で 虹
    フランスの国花でもある
d0226259_9261292.jpg

[PR]
       花ゆずの花が咲いた
  此のゆずは実がピンポン玉ほどの大きさで
     本ゆずに比べ香りが弱いので
     料理とかには向いていないが
   マーマレードなどに最適のの品種だとか
d0226259_1331037.jpg

[PR]
  今日も五月晴れの雲一つない晴天に
 里山を散策すれば良く目につく花である
  卯の花と間違えられるが別物らしい
 木の中身が空なので谷に咲く空木から付いた
      名前のようだ
  
d0226259_1615598.jpg

[PR]
d0226259_20141886.jpg
マーガレット (木春菊
 葉の形が春菊に似ているのでこの名前がついたとか
 今はあまり使われていない


 
 
   
[PR]
今日は校区にある保育園の芋植えの行事に参加
園より圃場まで園児と手をつなぎおしゃべりをしながら行く
最初はぎごちなかった子供たちも次第に慣れて
本当の爺やばあばになったような気分
いよいよ苗を植えるころのはもう収穫のことを楽しみに
しているようだ。
終わってから 園児たちの合唱をきいたり肩たたきを
してもらったり大変楽しい一時だった。


          紅あずまの苗
d0226259_114698.jpg


     植えた様子
d0226259_1162127.jpg


機会があればこんな行事にはまた参加したいものだ
[PR]

 今日も今日とて山歩きふっと目に入った木苺の花
      草苺に対して 木になるので
  白い柔らかな花びら 棘のある 木になる苺
     夏には黄色い房のような実がつく
      ラズベリーとかを総称して
d0226259_20193729.jpg

[PR]