カテゴリ:未分類( 873 )

寒くなりお天気もパッとしないがそれでも散歩に出かけると
良い香りが柊の生け垣に白い花。
木偏に冬と書いヒイラギとて読ませているので冬に咲くので
納得と思っていたのでだが葉がとがっているのでさわると
ヒリヒリするところからヒリヒリすることを古語ではヒララグと呼んでいたものが転化してヒイラギとなったとかまた葉のとがった様子から
鬼の目突きとか面白い名があるがこれもまた節分に飾る風習から頷ける。
花も綺麗さもだが命名の由来などを考えながらみるのも面白いものだ。
d0226259_08504689.jpg
d0226259_08502759.jpg
d0226259_08512474.jpg
d0226259_08510840.jpg


花言葉 用心深さ 先見の明 保護


[PR]
マリアのバラからなずけられたというローズマリー
今朝鉢を移動していたら一輪咲いていた。
我が家に来てから初めての開花。
思わず咲いた~と喜びの声が出た。
d0226259_14402821.jpg
d0226259_14400354.jpg
d0226259_14393687.jpg
d0226259_14391043.jpg


花言葉 記憶 追憶 想い出 私を思って 変わらぬ愛


[PR]
猫の額ほどの我が庭にも紅葉が始まった。
先ず我が庭で春一番に咲いてくれる紅色マンサク
これは黄色くなるのだが全部を待たずに落葉するのがチョット残念

d0226259_19450881.jpg
d0226259_19455535.jpg
花言葉 呪文 感じやすい



次は春には白い花を夏には緑を
そして赤満天星躑躅

d0226259_19432993.jpg
d0226259_19443480.jpg
d0226259_19435663.jpg
花言葉 上品 節制 私の想いを受けて 返納

この季節赤や黄色常緑のものも眺めてたのしんでいる。
天気予報では雪のマークも見えてきた
この景色いつまでみれるかな。



[PR]
今朝は雨でした。
雨が降ると庭に出ることもできなくて退屈そのもの
ひま爺の頭にピーンときました。
一年に一度だけ同じ数字のオンパレード
ガラケーの画面とPCの画面です。
d0226259_13261584.jpg
d0226259_13263464.jpg
元旦は1月1日11時11分で六文字
今日は八文字数字は面白いですね。


[PR]
十月はチョット寒い感じでしたが十一月立冬を過ぎても
穏やかな日が続いています。
お天気の良い間にと思い仮設の温室を作っています。
耐寒性の弱いものは家の中にチョット弱いものは子の温室にいれます。
一応できたのでこれから庭の鉢を選別しながら
家に温室にそのまま外にと
まだまだ作業があります。先ず骨組みを
d0226259_19215785.jpg
d0226259_19222615.jpg
置きたいところへ
d0226259_19225078.jpg
出来上がりました


d0226259_19233242.jpg
この後はこの中へ入れるものを選別します。

おまけの一枚
実生の山椒を鉢にしてみました二年目です。

d0226259_19394727.jpg

[PR]
オキザリス 和名 花カタバミ
昨日は立冬なのに気温は22度を超えて穏やかな一日でした。
暖かい日が続いているので庭のオキザリスがまだ花を見せてくれている。
朝の寒い間は蕾ですが日が当たり気温の上昇とともに花が開く可愛い花だ
d0226259_12095370.jpg
d0226259_12092539.jpg
d0226259_12102205.jpg
d0226259_12110593.jpg
d0226259_12104257.jpg


花言葉 輝く心  喜び 親の優しさ


[PR]
今年も大文字草が咲いてくれた。
この花はユキノシタの仲間なので湿った涼しいところを好むので
夏越しを気にしていたのだが何とか咲いてくれ目を楽しませてくれている。
d0226259_20030731.jpg
d0226259_20020691.jpg
d0226259_20024080.jpg
花言葉 「自由 好意 節度 情熱 恋の訪れ」などプラス思考の言葉が
多いのだが 中に「不調和」とあまりよくない言葉もある。
一つの花に逆の花言葉があるのが不思議だ。

今日のおまけ我が家の近くで
      十一月二日撮影

d0226259_20072860.jpg

[PR]
今日朝からとても気持ちの良いお天気なので庭のかたづけることにした。
鈴蘭の葉はもう枯れて赤い実だけが目立っている。
d0226259_20341718.jpg
d0226259_20335456.jpg
d0226259_20333476.jpg
射干玉「ヌバタマ」
これは檜扇の実が熟したものでヌバタマとは真っ黒という意味があるようだ。

d0226259_20324484.jpg
d0226259_20321766.jpg
赤い実も黒い実も太陽の光をもらって宝石のように輝いて見える。

[PR]
今富山県水墨美術館で
「今”を生きる そして伝えたいこと」と題して中島潔展が開催中で
もう会期も終わりに近くなってきたので先日出かけてみた。


d0226259_20571426.jpg
この方は童画や美人画というかイラストレーターのような感じと思っていたのだが
清水寺の襖絵とか六道珍皇寺に「心音図」を奉納とあったのでどんなものかと出かけてみた。
童画はとても親しみやすさがあった。
d0226259_20551696.jpg
珍皇寺の地獄絵図は従来の仏画などとはチョット様子が変わっていて
地獄のおどろおどろとした雰囲気がイラストっぽく描かれているように感じた。
d0226259_20554340.jpg
また大人の女性を描いたものはどの顔も憂いがあるような
会場では撮影できるものもあったのだがアップのものは
パンフレットののものを使わせていただきました。

[PR]
十月もあとわずかとなりました。
昨日今日と二日続きの雨なのにまた次の台風の影響で雨が続きそうです。
寒さで小さな鉢のものも紅葉してきました。
名前も知らないものですが数年前に庭の草を取っていたら出ていた
木の芽を鉢にしていたものです。
なんとなく植えていたものでも眺めることできるようになるのは
嬉しいものですね。
d0226259_16441508.jpg
今日のおまけ 十月十一日撮影

d0226259_16594152.jpg

[PR]